広島の風俗夜遊びビズ|よるびず

広島

この街で安心してお勧めできるお店

参加店舗続々増加中!!

数より質を重視広告掲載について

風俗の歴史(店舗型ソープランド編)

風俗の歴史(店舗型ソープランド編)

広島市の風俗(店舗型ソープランド編

 【広島の風俗街(流川・薬研堀)】

 中国地方最大の歓楽街といわれているのが、広島市の「流川」・「薬研堀」と呼ばれている場所だ。広島市の中心部にあり、飲食店・スナック・キャバクラ・風俗店が軒を並べている。

ソープ

元来「薬研堀」は、江戸時代にあった水路のことで、堀が、薬を作る「薬研」の形に似ていたことからこう呼ばれていた。

「流川」も、この地域の小川が流れていたことからついた名前のようだ。ただ、大正の時代にに埋め立てられたため、現在は存在していない。

明治時代の入り、日清戦争が始まり、広島に大本営が設置されると、市街地はさらに活況をみせた。このころ、「流川」や「薬研堀」のソープ街に近い、弥生町・西平塚町と呼ばれる地帯は旧遊郭地だった。戦前は軍都として栄えた町で、西遊郭と東遊郭があった。また、世界遺産として有名な観光地「宮島」にも存在したと言われている。弥生町界隈が、東遊郭があった場所だ。西遊郭は現在の舟入町界隈にあった。

 【広島のソープランド】

今回は、東遊郭のあった弥生町界隈を紹介しよう。

広島市の「店舗型」の風俗店は、この地域に集約されている。

以前は、ほとんど店舗が、ソープランドであったが、現在は形態を変えて、ソープヘルス・ファションヘルス・エステなども存在している。

この界隈に多くの無料案内所があるが、風俗店は紹介してもらえないので、ネットや冊子で調べて行動したほうが良い。

まずは、ソープランドの紹介をしよう。

広島のソープランドには、ドアがないのはご存知だろうか。広島の条例で、個室にすることができないので、ドアがありません。タオルやカーテンで隠してはいるけれども、隣の声が聞こえてくるので、別な意味でも興味身心。

以前は、二万円以上の店が多かったが、今は総額14,000円という店もありおこずかいの少ない、サラリーマンにとってはありがたい話しだ。財布の中身と相談して、お店を選べて色々ためしていただきたい。

ただ、総額の安いお店は、時間の都合もあり、マットのみとか、ベッドのみとかになってしまう。財布に余裕があり、ソープの醍醐味を味わいたい場合は、90分以上の時間で利用して頂きたい。いたれりつくせりのサービスが堪能できるのでは。

数年前までは、女性の年齢層も、30歳前後が多かったが、ここ数年は、新しい店の進出もあり、若返りが図られている。それにともなって受付での写真指名や、ネットでの公開もあり、自分の好みの女の子にあたる確率が多くなっている。そのため、満足度も高くなっているように思える。若い女の子が好きな人、少し年配の女の子が好きな人、熟女?が好きな人選べる範囲が広くなっています。

宮島(15)
呉市(33)

0見つかりました

この条件で検索