横浜の風俗夜遊びビズ|よるびず

横浜

この街で安心してお勧めできるお店

参加店舗続々増加中!!

数より質を重視広告掲載について

横浜市で風俗遊びをする方へ「店舗型ヘルス・曙界隈編」

横浜市で風俗遊びをする方へ「店舗型ヘルス・曙界隈編」

横浜市で風俗遊びをする方へ「店舗型ヘルス・曙界隈編」

横浜の風俗といえば、「曙町」でしょう。黄金町駅と伊勢佐木長者町駅の間に形成されている街で、中央には国道16号(鎌倉街道)が走っています。ここは関東で最大のファッションヘルス街と言われています。とにかくやたら風俗店が多い。殆どの店舗が個室を持ち、サービスの内容も種類も豊富にあるのが特徴です。通称「ハマヘル」と呼ばれているファッションヘルスは優良グループ店が多いので、手軽に早く遊びたい時は店舗型風俗がおススメです。

横浜は、風俗としても歴史が古く、安政6年(1859年)にアメリカ領事ハリスが、開港の条件の1つとして遊郭開設を要求したと言われています。そうして造られたのが「港崎(みよざき)遊郭」で、現在の横浜スタジアムのある場所に約1万5000坪の巨大な遊郭が開設されました。港崎遊郭には15軒の遊女屋があり、330人の遊女が在籍していたと言われています。外国人専用遊女「羅紗緬(らしゃめん)」の制度が作られ、日本人向け遊女とは区別されていました。毎日、外国人を専門に相手をしていた遊女はさぞかし大変だったのではないでしょうか。
そんな港崎遊郭ですが、慶応2年(1866年)に豚肉料理屋から出火し、あっけなく焼失してしまいます。しかし、近隣には数多くの遊郭が立ち並び、その影響から、戦前より私娼が立ち、置屋や待合もたくさんありました。1993年頃には法をかいくぐってヘルスが乱立。そのような時代背景から現在もなお栄え続けているというわけです。

鎌倉街道の裏通りは、放蕩の限りを尽くして親の死に目に会えなかった人がいたため「親不孝通り」と呼ばれているとか。横浜って、そこまで男を虜にしてしまう魅惑的な街なんでしょうね。

余談ですが、落語家の桂歌丸の生家は、永真遊郭の妓楼「富士楼」という置屋で、彼の祖母が経営していたらしいです。歌丸少年は遊女を真近に見て育ったという、なんとも羨ましい話です。

少し歴史の話が長くなってしまいました。
そんな歴史の深い、異国情緒漂う「ハマヘル」風俗ですが、曙界隈にはありとあらゆるジャンルの箱ヘルが揃っています。人妻、OL、女子高生、M性感、M女系、手コキ・・・・etc。料金もリーズナブルで、入会金0円、60分6990円なんてお店もあります。
安心安全で写真信頼度もまずまず。横浜は首都圏で唯一東京と張り合ってるというのもあってか女性がお洒落でハイセンス、そして可愛い子が多いんです。風俗業界もしかり。関東最大のファッションヘルス街というプライドもあり、サービスもプロなんです。
横浜に来られたら、いちどは関東最大のヘルスを体験されてみてはいかがでしょう。
曙町には無料案内所もいくつかあります。パソコンのタッチパネルでお店や女の子を調べる事も出来ますが、あまりにもお店が多すぎて全てを調べる事は不可能です。
事前にネットで情報を収集しておくのが無難かと思います。

今回は主に曙界隈のお話をしました。実は曙界隈はヘルスが主でソープランドは僅か3件ほどしかありません。
次回以降は横浜のソープランド、そしてデリヘル事情、ちょんの間などについてお話させていただこうかと思います。

鶴見(36)
幸区(22)

0見つかりました

この条件で検索